[HOME] > >田芋 > >旧盆に田芋を買うときの注意点
旧盆に田芋を買うときの注意点

旧盆に田芋を買うときの注意点

田芋は通常店頭に出てくるまでに、一度蒸し煮をして出てきます。ですので田芋の皮にヒビが入っているのが美味しく育っている証拠になります。あとは重箱のサイズにあわせるので10cm以上のサイズを買うのがベストだと思います。



○ヒビ割れ
昔の田芋好きなオバァー達は「笑ってるさー」と言ってヒビの入っている田芋を選んだものです。今現在の自分達世代は紫じゃないと美味しくないとか、形が綺麗だと美味しだとか言って選んでいきますが、たぶん間違った田芋の選びを店員さんに教わったのでわないかと思います。


○頭とお尻
そして!一番の決め手は頭とお尻。
田芋の切り口がシッカリしている事が絶対です。ココが少し固めであるかが上等田芋の証拠になります。硬すぎでもダメです。
基本的に田芋は水芋なので頭とお尻がミジャミジャ水っぽくなってるのが普通です。
ですが、農家の方々によって買い手に損をさせてはいけないとの思いでカットしてあります。またそのカットによって良い田芋悪い田芋の選別にも繋がります。田芋は、田んぼから引いて、洗って炊いて乾かしてハイ出荷とは言えない品なので、値段も高い要因になっています。


○サイズ大きさ
男の拳ですみません。拳サイズで田芋の大きさを選ばれるとよいかと思います。または指4本並べて測る。女性の拳だと少し大きめの田芋を選ばれると良いと思います。写真の中の田芋サイズだとお皿でお供えする方や、オーブルに入れる方に最適だと思います。

田芋は家族との繋がりを大事にすることを想わせる伝統食材と思っております。今後も美味しい田芋を販売するよう頑張っていきたいと思います。

タグ:

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください